紳士の国と呼ばれるイギリスについて、その気候や世界遺産、あまり耳にすることのない料理について紹介しています。

イギリスの料理


フランス料理やイタリア料理の様な料理と比べると、他国に比べ食材にも恵まれていなかった為に、料理の種類はあまり多くありません。

食材に恵まれていないというのは、地中海の温暖な農業に適した土地ではなく、王宮料理人の料理が庶民の料理になるフランス革命の様な事件にも遭遇していないからであり、劣っているという訳ではありません。

しかし、ジョークなどの中では不味い料理として語られており、これが「イギリス料理=不味い」というイメージに拍車をかけているといえます。

また、なぜこう言われるのかというと、野菜は本来の食感がわからなくなる程ゆでる、油で食材が黒くなるまで揚げる、などといったイギリスでよく行われる食材本来の味を残さないほど加熱する調理法が、他国人には好まれないからであるとされています。

しかも味付けはなされない(食べる人の好みに応じて塩や酢などで味付けされることを前提としている)事が多く、不慣れな旅行者には「味がない」という印象を与えてしまいがちです。

しかしながら、決してイギリス料理のすべてが不味いという訳ではなく、世界中で広く食べられているものもあるというのは事実です。

ただし、イギリス以外の国で食べられるイギリス料理は、その国ならではのアレンジが加わっている事には注意すべきでしょう。

料理ではありませんが、イギリスのお茶菓子はイギリス以外の国にも名高く、美味しいお菓子が多く知られています。